今治市で設計事務所をしています。日々の出来事、気づき、色にまつわる話などなど・・・。
  スポンサーサイト  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
  ミウラート・ヴィレッジ  2005.10.02.Sun / 03:21 
ミウラート入口やっと念願の「ミウラート・ヴィレッジ」へ行ってきました。以前にもミウラート・ヴィレッジに行こう!という記事で紹介しているので、今回は違った視点でお話します。



この写真はアプローチ部分。このモザイクタイルの色は、海底を連想させます。この美術館があるのは、海岸から約1km、港の近くです。





ミウラート庭

































これは、庭から見た美術館。



水平方向に長く伸びる四角形。



二つの直交する建物と階段によって切り取られた三角の部分。



円を描いて配置された石のモニュメント。



全てが計算された配置デザインです。





ところで、この手前に見える石は、「空のかけら」というオブジェ。



ミウラート平面これがその配置図。(クリックして拡大して見てね)



これで見るとストーンサークルの奥にステージがありますよね。残念ながら工事中でした。来週の10月9日から、三浦工業の創始者・三浦保氏の作品展があり、それを記念した能が行われるそうで、その準備をしているようでした。



三浦氏は9年前に他界しましたが、彼は事業以外にもいろんな趣味を持っていたそうで、その一つが陶芸だそうです。この庭にも彼の作品(陶版)が多数展示されています。



赤と黒Ⅳ

















赤と黒UPこれがその中の一つ、「赤と黒Ⅳ」。



下の写真は表面をアップしたもの。



よく見ると、赤と黒以外にも、青などのガラスが吹き付けられています。







こどもの夢

















これは、三浦氏の作品ではありませんが、「こどもの夢」という作品。私は、こっちの方が個人的には好き。



ところで、陶芸といえば、前から一度やってみたかったの。陶芸教室に通おうかと真剣に考えたことも。次回の三浦氏の展覧会も面白そうです。もし時間があれば、オープン初日に行って庭で能見物っていうのもいいね。



読んでくださってありがとうございます。

応援お願いします。クリックしてね⇒人気blogランキングへ


スポンサーサイト
No.151 / 未分類 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
COMMENT TO THIS ENTRY

  非公開コメント
TRACK BACK URL OF THIS ENTRY

TRACKBACK TO THIS ENTRY

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

AYAKAYO

Author:AYAKAYO

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

CopyRight 2006 L'espace colorée All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。