今治市で設計事務所をしています。日々の出来事、気づき、色にまつわる話などなど・・・。
  スポンサーサイト  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
  コワイ建築  2005.11.18.Fri / 21:04 
ここから先は、恐がりの人はご遠慮ください・・・



っていうのは冗談です。(笑)



決して「オバケ屋敷」の話ではありませんので、安心して読んでください。



一言に「コワイ」と言ってもいろんなニュアンスがありますよね。

「怖い」、「恐い」、「強い」、「畏い」など。

今日は、その中でも「畏い」建築についてお話します。



さて、ここで言う「畏い」とは・・・

鳥肌が立つほどの感動をおぼえること、と解釈してください。

つまり、畏敬の念を払うに値する建築、という意味です。



今まで私が「コワイ」と感じた建築の一つがコレ↓。

コロニアグエルご存知ガウディのコロニアグエルです。



今までバルセロナには2度訪れて、ガウディの建築もたくさん観ましたが、その中でも一番「コワイ」と思いました。



ガウディの原点とも言われるこの建築ですが、外観もさることながら、内部が特に素晴らしいと思いました。



その様子は、言葉では上手く言い表せません。とにかく「コワかった」。



ところで、この写真は写るんです(カメラが壊れていた)で撮った写真(1枚目)や現地で買った本(2,3枚目)をデジカメで撮影したものなので、画像の質が悪くなっています。スミマセン。















内部1



































内部2





























ところで、コロニアグエルがあるのは、バルセロナ中心部から地下鉄でちょっと行ったところです。電車を降りてまず、目にするのは次のような風景。

教会周辺































コロニアグエルと同じような赤茶の土でできた建物が立ち並ぶ様は、とても印象深かったです。こんな土の色、今まで見たことない・・・!地下鉄でほんのちょっとの場所なのに、バルセロナ市街とは、まったく違った風景が広がっていました。



バルセロナに行く機会があったら、ぜひ立ち寄ってみてね。



読んでくださってありがとうございます。

応援お願いします。

クリックしてね⇒人気blogランキングへ
スポンサーサイト
No.166 / 未分類 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
COMMENT TO THIS ENTRY

  非公開コメント
TRACK BACK URL OF THIS ENTRY

TRACKBACK TO THIS ENTRY

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

AYAKAYO

Author:AYAKAYO

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

CopyRight 2006 L'espace colorée All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。