今治市で設計事務所をしています。日々の出来事、気づき、色にまつわる話などなど・・・。
  スポンサーサイト  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
  みかんのまち  2007.12.02.Sun / 19:02 
sakanoue




























松山市に今年の春オープンした、「坂の上の雲ミュージアム」

設計は、安藤忠雄氏。

以前に、このblogでも紹介したのですが、覚えていますか?



さて、先日生徒たちと一緒にミュージアムを見学しました。

先月には別のクラスの生徒と一緒に見学したので、これで2回目。

上の写真は、前回の時のもの。

(あいにくの小雨で、上手く撮れていませんが)



今回、ある異変に気が付きました!

というのも、エントランス横にこんなモノが!

mikan1




















なぜか、みかんの木の鉢植え。

よく見ると、こんなプレートがかかっていました。



mikan2

















ふ~ん。「みかんのまちの雰囲気づくり」ねぇ・・・。

言いたいことはわかるような気がするけれど

なんだか中途半端じゃない?

コンクリートとガラスの近代的なミュージアムと全然合ってないし。

どうせなら、これくらいやってほしいなぁ。

menton1















ちょうど10年前の2月。

フランスとイタリアの国境近くの町、Menton(マントン)の

Fete de Citron(レモン祭り)。

ここは地中海沿岸の温暖な街で、みかんやレモンの栽培が盛ん。

毎年、こうやって特産品のみかんとレモンでオブジェを展示しています。

黄色く見えるのは全部レモン。

そして、オレンジはもちろんみかん。

menton2

















この写真には写っていないけれど、街路樹にももちろんみかん。



さて、このみかんたち、お祭りの後はどうなるのでしょうか?

そこまでは私は知りません。

でもやっぱり廃棄なのかな?

もったいない気もするけど、お隣の国スペインでも

オレンジ祭りっていうのがあって、オレンジ投げまくっているよね。

やはり、ラテンの血にはかなわない。
スポンサーサイト
No.239 / つぶやき /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
COMMENT TO THIS ENTRY

  非公開コメント
TRACK BACK URL OF THIS ENTRY

TRACKBACK TO THIS ENTRY

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

AYAKAYO

Author:AYAKAYO

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

CopyRight 2006 L'espace colorée All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。