今治市で設計事務所をしています。日々の出来事、気づき、色にまつわる話などなど・・・。
  スポンサーサイト  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
  建築探偵:今治編  2008.10.08.Wed / 19:25 
simin

















世の中に、探偵と名のつく人は多いけれど、建築探偵といえばこの人

藤森 照信氏。



【建築探偵の冒険】は、今読んでも十分面白い本ですが

その本の著者で、東大教授の藤森氏の講演会に出席しました。

講演会の後、藤森氏解説による丹下健三氏の建築見学会もありました。



今住んでいる街は、かの丹下健三氏の地元ということもあり

彼の作品がいくつか残っています。

上の写真は、市民会館の窓。コルビュジエ風なのが丹下らしい。

同じ敷地内にはこんな建物も。

kokaido

















今治市公会堂。

折板構造の建物。

外壁と屋根がRCの折板にて構成されています。



そして同じ敷地内にもうひとつあるのが、今治市庁舎。

ここの別館の展望台からの眺めは絶景。

okujou











しまなみ海道の橋やいくつかの小島が見えます。

そして、別の方向を見ると・・・。

ima

















中央に見えるのは何?

実はここは、ある銀行の屋上。

実際に上ってみるとこんな感じ。

屋上に、巨大な船が現れた!

hune

















これぞ、建築探偵の醍醐味。

普段は決して見ることのない場所。

とてもワクワクしながら見学しました。



巨大な船の上にあるのは石のカウンター。

スリットの後ろにはサービスヤードもあって

月を見ながら一杯にはもってこいの場所。

counter























藤森氏によると、丹下氏は海を見るのが大好きで

海を見るために屋上にいろんな工夫をするのが大好きだったとか。

実用性は全くないんだけど、こだわりとしてはかなり面白い。



たぶん、この建物が竣工した当時はここからも海がよく見えたのだろうけれど

今はこんな感じ。

お城の左にわずかだけど海が見える。(写真でわかるかな?)

umi











わずか1時間ちょっとでしたが、建築探偵に同行してみて

普段何気なく見ている建物が、とても新鮮に感じられて

とても有意義な時間でした。
スポンサーサイト
No.251 / A&A(art&architecture) /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
COMMENT TO THIS ENTRY

  非公開コメント
TRACK BACK URL OF THIS ENTRY

TRACKBACK TO THIS ENTRY

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

AYAKAYO

Author:AYAKAYO

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

CopyRight 2006 L'espace colorée All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。