今治市で設計事務所をしています。日々の出来事、気づき、色にまつわる話などなど・・・。
  スポンサーサイト  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
  あこがれのニュータウン  2005.07.01.Fri / 03:33 
本日より、カラコ1級の勉強を始めました。



今日勉強したのは、

 ・環境色彩分野のカラーコーディネーター像

 ・環境色彩計画のこれまで

というカテゴリー。



このなかで、フランスのニュータウンの色彩についての記述があるんだけれど、それを読んでふと頭をよぎったのが、私がまだ学生だった頃に観たエリック・ロメール「友達の恋人」という映画。



約20年前のこの映画は、パリ郊外のセルジー・ポントワースというニュータウンを舞台にした恋愛映画。この中に出てくる、リカルド・ボフィル設計の集合住宅がなんとも印象的でした。見慣れた日本の風景とも、古いヨーロッパの町並みとも違う、斬新さに驚きました。こんなところに住んでみたい!とひそかにあこがれたものです。その後、エリック・ロメールの作品は何点か見ましたが、ストーリーうんぬんよりも、映像の美しさが好きでした。



この映画は、「ラ・ブーム」(古いなぁー)以来、映画館で見た2度目のフランス映画。この映画のおかげで、私のフランスへの憧れが生まれたわけです。そして、それから約10年後、会社をリストラされて、きままなフランス生活を始めたのですが・・・



残念!セルジー・ポントワースのことはすっかり忘れていて、見に行かなかったんです。そのかわり、コルビュジエはたくさん見たけれど。



あれから約20年。私のあこがれのニュータウンはどうなっているんでしょうか?



《追記》

  最近、Blogを見てくれる人が増えて、とても励みになっています。

  これからも応援お願いします。クリックしてね⇒人気blogランキングへ
スポンサーサイト
No.60 / 未分類 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
COMMENT TO THIS ENTRY

  非公開コメント
TRACK BACK URL OF THIS ENTRY

TRACKBACK TO THIS ENTRY

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

AYAKAYO

Author:AYAKAYO

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

CopyRight 2006 L'espace colorée All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。