今治市で設計事務所をしています。日々の出来事、気づき、色にまつわる話などなど・・・。
  スポンサーサイト  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
  あこがれのカウフマン邸  2005.07.14.Thu / 14:43 
カウフマン邸Google





















ヨドコウ帝国ホテル

















自由学園





















今回は、カラーコーディネーター一級のテキストにも掲載されている、フランク・ロイド・ライトについてお話します。



ライトといえば、コルビュジェとかミースなどと並んで、近代建築の巨匠の一人として知られています。この3人はそれぞれ建築のタイプが違うので、誰が一番とは決められませんが、私もライトは大好きです。彼の代表作でもある、カウフマン邸は私のあこがれの家。学生時代に写真を見て以来ずっと、一度は訪れてみたいと思っている作品です。そういえば、6月8日は彼の誕生日で、その日のGoogleのロゴがこのカウフマン邸のデザインになっていましたね。



私が初めて訪れた彼の作品は、芦屋にあるヨドコウ迎賓館(2段目左)当時まだ学生だった私にとって、この作品はある意味カルチャーショックでした。大谷石がふんだんに利用してあって、重厚感があるものの、どこか温かみの感じられる作品でした。



その次の写真は名古屋の明治村に移設された、帝国ホテルのファサード。ヨドコウから3年後くらいに訪れました。ある夏の日で、大阪から日帰りで名古屋に遊びに行ったときに寄りました。とにかく暑くて、ここまでたどり着くまでには汗びっしょりでした。入り口からかなり遠かった記憶があります。ここも、好きな作品です。



残念なことに、彼の作品はこの2つしか実際に見たことがありません。東京の自由学園にも彼の作品があります。(3段目)写真でしか知らないけれど、外観はなんとなく他の作品とは異質な感じがして、好きになれません。内観はそうでもないけれど…。でも、実際に見ると、また違った印象を受けるかもしれませんね。



最近、カラコの勉強も建築関係の内容なので、とても面白いです。これからも頑張りますので、応援お願いします。

クリックしてね⇒人気blogランキングへ
スポンサーサイト
No.76 / 未分類 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
COMMENT TO THIS ENTRY

  非公開コメント
TRACK BACK URL OF THIS ENTRY

TRACKBACK TO THIS ENTRY

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

AYAKAYO

Author:AYAKAYO

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

CopyRight 2006 L'espace colorée All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。