今治市で設計事務所をしています。日々の出来事、気づき、色にまつわる話などなど・・・。
  スポンサーサイト  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
  月の色  2005.07.17.Sun / 22:33 
今日の月昨日花火の記事を書いて、久しぶりに花火がしたくなったので、今年初めて子供たちと花火をしました。その時ふと目に留まったのが月。今日の月は、半月。その月を眺めながら、ふと月の色について考えてみました。



月の色って何色だと思いますか?昼間見る月は白く見えますね。真夜中の月は青白く見えます。また、時々赤い月を目にすることがあります。この色の変化はどうして起こるのでしょうか。気になったので調べてみました。



月の色は太陽の色と同じように、大気の影響を受けて色が変化して見えます。太陽や月が大気の層を通過するときに大気中の水蒸気や分子、塵などの影響を受け、錯乱を起こします。このため朝日や夕日が赤みを帯びて見えます。同じ理由で月の出頃は赤みをおびた月がみえるのです。



月が上っていくにつれ大気中を通過する角度が変化するので、月の色も変化します。月の出の頃の青色の透過率が約38%なのに対し、月の出6時間後には75%に増加します。このため真夜中の月は青白く、クールな印象を与えるのです。



以前、月光浴のビデオについて紹介したことがありますが、どうして月の光で見ると青白く見えるのでしょうか。それは、プルキニエ効果のせいです。満月のときでも月の光は太陽の1/465000の光しかありません。弱い光のもとでは赤い光よりも青い光のほうが強く感じるために、青白く見えるというわけです。



余談ですが、日本では月の模様を見て、ウサギが餅をついているって言いますよね。ところがカナダでは、カエルが張り付いていると言うそうです。面白いですね。



月についてもっと知りたくなったら↓(私も持っている本です)

月の本
月の本




応援お願いします。クリックしてね⇒人気blogランキングへ
スポンサーサイト
No.80 / 未分類 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
COMMENT TO THIS ENTRY

  非公開コメント
TRACK BACK URL OF THIS ENTRY

TRACKBACK TO THIS ENTRY

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

AYAKAYO

Author:AYAKAYO

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

CopyRight 2006 L'espace colorée All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。